読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lチカ開発ブログ

https://l-chika.com/の開発ブログ

Rails Consoleで確認するとConfig(Settings)の更新がされない時

定数を環境毎に管理できるgem config で、config/settings.yml の中身を変更して、Rails Consoleで確認しても反映されない場合がある。

github.com

その場合は、単純にspringが起動していたためだった。

$ ./bin/spring status
Spring is running:

 4475 spring server | xxx | started 57 mins ago                       
 4768 spring app    | xxx | started 22 mins ago | development mode                                                                                                                                                 
$ ./bin/spring stop
Spring stopped.
$ ./bin/spring status
Spring is not running.
$ ./bin/rails c
> Settings.hoge
=> "hoge"

参考

qiita.com

RubyでAWS SNS からiOSにプッシュ通知

サーバーからiOS端末にPUSH通知を送る

前提

  • IAMでSNS権限があるユーザを作成されている
  • バイストークンを取得している
  • SNSでApplicationのArnが作成されている
require 'aws-sdk'
require 'json'

aws_access_key = 'IAMのaccessKeyを設定'
aws_secret_key = 'IAMのsecret_keyを設定'

sns = Aws::SNS::Client.new(
  access_key_id: aws_access_key,
  secret_access_key: aws_secret_key,
  region: 'ap-northeast-1'
)

token = "デバイスのトークン"

# endpointの作成。SNSで設定したApplicationのArn
app_arn = "arn:aws:sns:xxxxx"

resp = sns.create_platform_endpoint(
  platform_application_arn: app_arn,
  token: token
)

apns_payload = {
    'aps' => {
        'alert' => 'ほげほげ',
        'sound' => 'default',
        'content-available' => 1,
    }
}

# Push Notification Platformが
#「Apple Development」の場合は 「APNS_SANDBOX」
#「Apple Ploduction」の場合は「APNS」
message = { "APNS_SANDBOX" => apns_payload.to_json }.to_json


sns.publish(
  target_arn: resp.endpoint_arn,
  message: message,
  message_structure: 'json'
)

参考

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 (Informatics&IDEA)

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 (Informatics&IDEA)

nattoとclassifier-rebornを利用してRubyで文書分類

Pythonの統計・数学ライブラリを利用した文書分類はあるが、Rubyで実現できる方法を模索。

目的

文書(データ) の内容から、いくつかのグループ毎に自動的に分類する

手順

  1. 訓練データを予め作成しておく
  2. 訓練データを形態素解析して、訓練する
  3. 実際のデータを形態素解析して、分類を実行

Gemfile

gem 'natto'
gem 'classifier-reborn'

訓練データ (db/fixtures/train.csv)

内容は、分類, 文章 となる。 - データのバリデーションが多ければ多いほど精度が向上した - 各分類間で訓練データ数に偏りがあるとうまく分類してくれないでの、A,B,C でそれぞれデータ数に偏りがないようにした

"A","ほげほげ..."
"B","ほげほげ..."
"C","ほげほげ..."
"A","ほげほげ..."
"C","ほげほげ..."
...

実装

require 'csv'

namespace :classifier do
  desc 'classify'
  task classify: :environment do

    # 品詞分解して名詞を取得する関数
    mecab = Natto::MeCab.new
    def mecab.filter(text)
      words = []
      parse(text) do |n|
        next unless n.feature.match(/名詞/)
        next if n.feature.match(/(非自立||代名詞)/)
        next if n.surface.match(/\./)
        words << n.surface
      end
      words
    end

    features = ['A', 'B', 'C']
    classifier = ClassifierReborn::Bayes.new(features, auto_categorize: true)

    # 訓練データから学習
    csv = CSV.read('db/fixtures/train.csv')
    csv.each do |data|
      classifier.train(data[0], mecab.filter(data[1]).join(' '))
    end

    # 分類
    result = []
    Product.all.each do |product|
      next if product.description.blank?
      # Product.descriptionカラムの内容から適切なfeatureに分類する
      feature_id = classifier.classify(mecab.filter(product.description).join(' '))
      result << { product_id: product.id, feature_id: feature_id }
    end

    result
  end
end

参考

はじめての自然言語処理

はじめての自然言語処理

実践 機械学習システム

実践 機械学習システム

qiita.com

RubyでMarkdownのImgタグのサイズ指定

Markdownエディタを作成したので、次は表示をつくる。

l-chika.hatenablog.com

前提

以下のGemを利用

実現したい事

![image](http://url.to/image.png = 250x250)

![image](http://url.to/image.png = 250x)

のようなMarkdownを、

<img src="http://url.to/image.png" height="250px" width="250px">
<img src="http://url.to/image.png" height="250px">

と、したい

参考

Resize image in the wiki of GitHub using Markdown - Stack Overflow

実装

Decorator

class HogeDecorator < Draper::Decorator
  ...
  def markdown_content
    markdown = Redcarpet::Markdown.new(CustomRender.new(with_toc_data: true),
                                       autolink: true, space_after_headers: true, tables: true, fenced_code_blocks: true)
    markdown.render(object.content).html_safe
  end
  ...
end
...
class CustomRender < Redcarpet::Render::HTML
  def image(link, title, alt_text)
    if link =~ /(.*)=(\d+)x(\d+|)/
      "<img src='#{$1.strip}' width='#{$2}px' height='#{$3}px' title='#{title}' alt='#{alt_text}'>"
    else
      "<img src='#{link}' title='#{title}' alt='#{alt_text}'>"
    end
  end
end

view

   <div>
      <%= @hoge.markdown_content %>
   </div>

参考

こんなアプローチもあった

ruby on rails - Markdown external image links with Redcarpet - Stack Overflow

Easier Image Markup With Redcarpet

RailsでsimplemdeをつかってMarkdownエディタをつくる

RailsMarkdownのエディタを実装するために、simplemdeを利用する。

github.com

前提

l-chika.hatenablog.com

インストール

npm でフロントのライブラリは管理しているので、npm install でインストール

$ npm install simplemde --save

実装

app/assets/javascripts/application.js

//= require simplemde/dist/simplemde.min.js

app/assets/stylesheets/application.scss

@import 'simplemde/dist/simplemde.min.css';

form

なぜかスペルチェックでエラーが出力されていたので無効にする

<%= form_for(hoge) do |f| %>

  <div class="form-group">
    <%= f.text_area :foo, class: 'form-control', size: '20x15' %>
  </div>

  <div class='row justify-content-md-center'>
    <%= f.submit('投稿', class: 'btn btn-primary btn-lg') %>
  </div>
<% end %>

<script>
  var simplemde = new SimpleMDE({ element: document.getElementById('hoge_foo'), spellChecker: false});
</script>

スクリーンショット

f:id:l-chika:20170308001805p:plain

include_all_helpersについて

include_all_helpersについてのメモ。

以下にあるとおりController名と同名のhelperしか読み込まないように設定をすると、ちょっと厄介なことがある。 qiita.com

HelperをもつGemを利用する場合。例えば、font-awesome-railsgithub.com

課題

  1. include_all_helpers でhelperの読み込みに制限をかける
  2. font-awesome-rails no fa_icon ヘルパーを利用
  3. エラーが発生

config/application.rb

module Hoge
  class Application < Rails::Application
    ...
    config.action_controller.include_all_helpers = false
  end
end

view

<%= fa_icon 'envelope-o' %>

エラー

NoMethodError - undefined methodfa_icon' for …` が発生

解決

application_helperfont-awesome-railsinclude をすれば良い。

app/helpers/application_helper.rb

module ApplicationHelper
  include FontAwesome::Rails::IconHelper
  ...

ただGemのHelperを利用する度に、このを設定していくのは面倒なので、ひとまず include_all_helpers = false はやめる。

ActiveModelのベストプラクティスを考える

ActiveModelとは

ActiveModelとは こちら にあるように Modelと直接紐付けないような、フロントのフォームに密接に関わるバリデーションを実装する場合に便利な Module。

課題

ActiveModel を利用シーンの一つとして、一つフォームで複数のモデルを扱うことがある。

その際によく迷うことがある。

  • モデルのバリデーションが ActiveModelApplicationRecord のモデルとで重複する
  • データの作成と編集で ActiveModelintialize にどうやって、何を渡すか(ここらへん情報が検索してもあまり見つからなかった)

解決方法

そこで、とりあえず考えた解決方法

  • ActiveModel に対象のモデル群を内包する
  • find, save, valid? を実装
  • ActiveModel のバリデーションはフォーム固有のものだけを実装し、モデルで実装されているバリデーションはモデルに任せる
  • Controllercreate,update はフォームの内容を, edit の場合は保存されている内容からフォームを作成できるようにする
  • save 時に valid? を実行し、内包するモデルのバリデーションエラーとフォームのバリデーションエラーを全てフォームのエラーに追加する

以下イメージ。実際の動作確認はしてないです

class HogeController < ApplicationController
  der new
    @hoge_form = HogeForm.new()
  end
   
  der create
    @hoge_form = HogeForm.new(params[:hoge_form])
    if @hoge_form.save
        ...
    else
        ...
    end
  end
   
  def edit
    @hoge_form = HogeForm.find(parmas['id'])
  end
  
  def update
    ...
  end
...
 
calss HogeForm
   include ActiveModel
    
   attr_accessor :hoge_a, :foo_b
   
   validates :hoge_a, presence: true
   validates :foo_b, presence: true
    
   class << self
      def find(id)
        hoge = Hoge.find id
        new(hoge: hoge.attributes, foo: hoge.foo.attributes)
      end
   end
 
   def intialize(params = {})
     @hoge = Hoge.new(params[:hoge])
     @foo = Foo.new(params[:foo])
   end
 
  def valid?(context = nil)
    super
     
    @hoge.valid?
    @hoge.errors.each do |k, v|
      errros.add(k, v)
    end
    
    @foo.valid?
    @foo.errors.each do |k, v|
    ...
  end
   
  def save
     return unless valid?
     
     return false unless @hoge.save
     @foo.save
  end
end

関連のおすすめ本

Ruby on Rails 5 超入門

Ruby on Rails 5 超入門